平熱は36.5度以上がベスト!35度台は要注意

「子供は体温が高い」

「大人になったら体温が下がるのは当たり前」

と思っていませんか?

35度台の方も多いですが、本来は不健康な状態です。

昔はもっと体温が高い人が多かったようです。

日本人の平熱は36.89度だった

1957年、東京大学の田坂定孝先生が、3000人の体温の平均値を出しました。

その平均値は36.89度だったそうです。

いかがでしょうか、かなり高めだと思いませんか?

この調査以来、大規模な調査は行われていません。

なので現代の日本人の平熱が正確に「何度」と言うことはできません。

しかし「35度台の人が多い」というお医者さんはたくさんいらっしゃいます。

私の周りでも平熱が35度台の大人は珍しくありません。

なので感覚的には平熱がかなり下がっている、と言えるのではないでしょうか?

体温に基準はない

血圧は正常値が決まっています。

最高血圧が130mmHg未満、最低血圧が85mmHg

というように設定されています。

しかし体温にはそのような基準はありません。

医学的にも「正常な体温」という規定がないのです。

理想は36.5度以上

人間の内臓は36.5度以上で正常に働くと言われています。

なので35度台という低体温の方は、内臓の働きが悪くなり、疲れが抜けにくくなったりします。

がん細胞も35度台で増殖することがわかっています。

その他高血圧、高脂血症、肝臓病、心臓病、アレルギー、肥満、精神不調など現代人の病気の原因は

ほとんどが冷えや低体温です。

体温が1度下がると免疫力が30%下がる

体温が1度下がると免疫力が30%、基礎代謝が約12%低下します。

つまりマイナス1度ごとに病気にかかるリスクが30%高まり、同じものを食べても12%太りやすくなります。

低体温は健康にも美容にも大敵ですね。

体温を上げる薬はない!

体温を下げる薬はありますが、上げる薬はありません。

病院へ行っても体温を上げる特効薬はもらえません。

なので、生活習慣を改善して、自力で体内で熱を生産するしかないのです。

体を温める食べ物を摂ったり、運動をして36.5度の体温を目指しましょう。

関連記事

  1. 入浴は体温を上げる基本。シャワーだけで済ますのはやめよう

  2. ココアは体を温める優秀な飲み物!寒い冬は特におすすめです

  3. 熱中症に注意!はもちろん、もう1つ注意しておきたいこと

  4. 家庭でできる、「5分間背骨ゆらし」の本が出ました!

  5. 精神的、肉体的ストレスは血管に悪影響!

  6. 日本人の体温が下がった原因と体が冷える「勘違い」習慣

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。